So-net無料ブログ作成

六星占術と占いに対する結論 [細木数子]

少し前になりますが、六星占術のブログ(細木数子とは無関係)の「掲示板」に六星占術に対し懐疑的な意見と質問を書き込みました。
かなり人気のあるブログだったので・・・
すると、問答無用で即刻削除されました。
以前より批判を浴び、嫌気がさし「休業宣言」後、なんと数日で「再会宣言」・・
ちょうど良いタイミングと思って、書き込んだのですが残念。。。
誹謗中傷や荒らしではなく、紳士的に意見と質問を書き込んだつもりですが、いかなる批判も許さないという姿勢でした。
そして、昨年、姓名判断のブログのコメント欄に質問を書き込んだのですが、「批判的な質問」という理由で、掲載もされませんでした。
自分の考え方に自信があれば、質問に答えられるはずですし、間違いがあれば、素直に認めて訂正することもできるはずです。
どうも「占い」というものが、益々理解できなくなったところ、先日、ネットのあるコミュニティで、元プロの占い師という人の意見が書き込まれてあったので、色々質問してみました。
すると、大変親切丁寧な回答が返ってきました。
この回答のおかげで、占いというものの謎が解けたように思えます。
結論を言いますと、
「占いは当たらないし、的中させるものではない」
ということです。
尚、「予言」は占いに含めません。

考えてみれば、六星占術のように人間の運勢を12等分(「霊合星人」というものもありますが)にするのは無理があります。
他の生年月日占いも同様です。
人の運勢は、百人百様、簡単に予測できるものではありません。
素人は、ほとんど自分の運勢しか占いませんが、プロは多くの人を占いますので、プロの方がよっぽど「占いは当たらない」と感じていることでしょう。
ですから、「占いは当たるもの」という前提で質問されると、嫌気がさすのでしょう。

もし、「当たる占いは存在する」という人がいるならば、私は、占い(姓名判断も含め)について、科学とか非科学とかを持ち出すつもりはありませんが、せめて統計学的に説明して貰いたいです。
例えば、歴代の内閣総理大臣、歴代の三冠王(野球)、歴代の横綱、歴代のレコ大受賞者等、順番に検証して、「統計学的に証明されている」と結論づけてくれれば信じるのですが、実際は、ある元総理大臣、あるメジャープレーヤー(野球)、ある横綱など、自分の占いに沿った実例を挙げて説明されても信じられません。
もちろん、統計学以前の問題です。
六星占術を例にすると、細木が「占いは統計学」と言うことがありますが、その統計を公表したことはないはずです。
そして、細木は以前、六星占術で占ってはみたものの、はずれ占いの山を築いて、大恥をかき、「はずれた」と言われるのを嫌い、「心照学研究家」とか「心相学研究家」とかわけのわからない肩書きで、「占い師」と言われるのを避けています。
また、鑑定では、六星占術をなるべく使わず、リーディングとインチキ霊能鑑定で乗り切るという手法を多用します。
こういうところからも、六星占術は無意味なものと判断できます。

私は、占いというものを「当たるもの」「的中させる技術・知識がある」と思いこんでいたのですが、現実は、「当たる占いは存在しない」という結論に達しました。
現在でも六星占術を使って占う人は、個人的に楽しんでいるのだと思います。
ですから、現実的な質問をされると楽しみの邪魔をされているようで、うっとうしいのでしょう。
また、占いを商売にしている人にとっては、現実的な質問をされると「商売の邪魔」ということになるのでしょう。

実は、私は「当たる占い」を探していたのでショックでした。
私にとっては、「当たるか当たらないか」、それだけです。
当たるなら、その後は自分で判断します。
「死」も気にしません。癒して貰う必要もありません。
これからは、「予言者」を探したいと思います。


nice!(0)  コメント(26)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 26

大門

巷には数多くの占いがありますが、同じ四柱推命でも理論や組み方は大筋同じだけど著者や術師によって方法がバラバラで統一性が無く、ややこしい理論の解説ばかりに紙幅を費やして、組みあがった結果の判断の方法などの説明が少ししか載っておらず、独学で使う分にもとても使えたものではありませんよね。
西洋系は別として、もともと東洋の占いは中国が発祥で、本来あった占いは相当な的中率を誇るものだったのでしょうが、時代が経つにつれて、そこから間違った内容ものが枝分かれして行き、その時代その時代でアレンジされて新しい占いが誕生して現在に至ったと言うのが現状でしょう。
また原初の算命占術で一個人を占った時、その人の運勢・性格・相性・大成出来るかの成否などを占う程度で事案が狭く、現在みたいに金運・恋愛・SEX・仕事運・適業など古代に占う事の無く、当時その事案を占うノウハウが無かったものを、現代に更にアレンジして作られたものだから当たらないのは至極当然でしょうね。

ましてや他人様のノウハウをパクったのは良いが、その理論や理屈をまるで理解していない占い師としてはアマチュア以下の細木が占うのなら尚更でしょう。
細木のゴーストが占った方がよっぽど当たると思うし。

今のオリジナルを除いた昔からちゃんとした流れがある占いは、誰が占っても5~6割は当たる様に出来ていて、それを7割・8割まで持っていくのは術者の腕次第と言う話しがあります。
by 大門 (2008-01-29 03:20) 

NO NAME

“細木数子降板”の裏にある某テレビ局員の悲鳴
先日、各メディアは「人気占い師の細木数子が、3月をもってテレビのレギュラー番組を降板する」と報じた。
さて、今回の降板を受けて「週刊新潮」(1月24日号)では、“新年の朗報”とのアオリとともに、「彼女がテレビ
から撤退するので、本当に喜んでいます」というエッセイストの猪狩春男氏のコメントや、「視聴率も下がっ
ているのも事実だし、(中略)高飛車な物言いにも視聴者が飽きてきています」といった芸能リポーターの石
川敏男氏のコメントを掲載している。だが、テレビの制作現場では、「細木さんがいなくなって、本当に大変
なんですよ」との声が聞こえているという。TBS関係者の話。


「TBSでは『ズバリ~』の後番組の企画を画策中ですが、くりぃむしちゅーさんと滝沢秀明君ありきで番組を
制作しないとだめなんです。同局の火曜日21時~は、両者の出演が決まっている、いわゆる“タレント枠”って
やつですね」

「くりーむしちゅーさんの司会には定評があり、また、お笑い芸人ということで比較的企画がつくりやすいんです。
ですが、滝沢君が絡んでいるため、制作スタッフがジャニーズ事務所に気を遣ってしまい、なかなかアイディア
が出せないでいるんです。スタッフの中には『細木さんが、ズバッと斬ってくれた頃は簡単だったんだけど……』
とこぼす人もいますよ(苦笑)」

http://news.livedoor.com/article/detail/3483362/
by NO NAME (2008-01-29 14:48) 

細木大嫌い人間

細木は今までお笑い芸人に改名を薦めて人生をメチャクチャに壊してきたから細木自身も「アホそきバカずこ」に改名して残りのくだらない人生を無駄に過ごせばいいと思う。
by 細木大嫌い人間 (2008-01-29 15:23) 

船橋から来た女

TBSはどこまで××なんですかねぇ・・・・(呆)

 あんなエテ物外道オバハンにおんぶにだっこ?くりぃむや滝沢君に
仕切らせたほうがよっぽどいいバラエティになりそうなのに。あのオバハン
のご機嫌取りに比べたら、ジャニーズ事務所とのガチ勝負なんて
お茶の子さいさいのはずでしょ~???そんなに無能ばっか・・・・おっとっと。
そもそもさ、ジャニーズ側だって、いくらファンが熱心についてきてくれる
からってコンサートツアーだけじゃ成り立たないでしょ?その宣伝にもなる
「テレビ」って言う媒体がなきゃ、あれほどのし上がれなかったんでない
の?なんでテレビがヘコヘコするかなあ?ジャニーズのタレントさんには
好きな人が結構多いので、なーんかこのあたりもやもや~っと
したものが・・・
 トピずれ失礼。
 こけてもいいから野心的な本当の「新番組」作る根性がないんか?!
と突っ込みたくもなりますわ・・・これじゃあのオバハンに牛耳られても
しょうがないですな。ま、近々消えるから清々してますけどね(爆)

 後、占いとか予言とか、ああいうのは本当に「指針のひとつ」にしか
ならないと思うので、「当たるもの」があったとしてもいいとこ6分4分
位じゃないのかなあ。予言にいたっては、一人の人間が起こす行動
の「予測」ですら相当多岐にわたるのに、その複合体である「社会」
や「歴史」の先なんて読めるか?!と思ってますもんで、まだしも
社会学者や経済学者、トレンドウォッチャーなどの「予測」のほうが
話の種にもなるし外れてもご愛嬌でしょうね。私は座興くらいにしか
聞いてませんけど(爆)細木のオバハンはそれこそ論外ですが・・・
by 船橋から来た女 (2008-01-29 17:53) 

大門

TBSって民放にしては異常なほど企画力とかないですよね。
金スマもそうだけど、いかがわしい占い師とかにカルト方面の人間や亀親子の様なアウトローな人間使わないと視聴率取れない何の知識も無く視聴者などの苦情にも耳を貸さず、間違った事でもかたくなに現状を維持し、改善・学習の余地の無い民放界のお荷物で一般視聴者に悪影響を与える放送を垂れ流す悪徳放送局ですよね。
by 大門 (2008-01-29 18:55) 

kaieda

占いについて・・・
改めて書きますが、
生年月日占いは無理があります。
せめて、他の占いと組み合わせて分類を増やすべきだと思います。
しかし、分類を増やしすぎるとわけがわからなくなってしまいますが・・・

私の場合、占いより、予言の方を信じます。
当たりはずれがはっきりしているので・・・
しかし、当たる予言者にまともに会ったことはありませんが・・・
by kaieda (2008-01-30 00:06) 

kaieda

「TBSでは『ズバリ~』の後番組の企画を画策中ですが、くりぃむしちゅーさんと滝沢秀明君ありきで番組を制作しないとだめなんです。同局の火曜日21時~は、両者の出演が決まっている、いわゆる“タレント枠”ってやつですね」

解決方法は簡単です。
細木降板後、「くりぃむしちゅーのズバリ言うぜ」というタイトルで、滝沢君はそのままにして、礼儀作法のコーナーは、本物の先生を呼んで、それから、少し前に出演したワタミさんの様な人を呼んで、「成功する秘訣」を伝授してもらえれば立派な番組になると思います。
おそらく視聴率は上がるでしょう。
「おしゃれイズム」なんか、ゴールデン後の30分の番組が、バラエティ部門でトップ10入りすることが多く、「ズバリ」よりも視聴率は良いはずです。
結局、細木が本当に視聴率女王と言えたのかどうか疑問です。
「カルト」抜きでも数字を稼ぐことはできると思いますが・・・
by kaieda (2008-01-30 00:19) 

アンチマン

もしも放送するならば「くりぃむしちゅーとタッキー&翼のズバリ言うぜ」という番組タイトルで4月からスタートしたらいいなと思う今日この頃です。
by アンチマン (2008-01-30 00:25) 

kaieda

占いと社会の予測について・・

社会、例えば景気、指標として株価・・・
私は、一時期、株取引をやってまして、テレビに出演する経済学者、アナリスト、エコノミストの予想を聞いていましたが、ほとんど当たらない。
それに、突発的に何があるかわからない・・
例えば、ライブドア事件。
あの事件を機に株をやめました。
あの事件で損をしたわけではありません。
でも、怖くなってやめたのです。
「世の中難しすぎる!」「何もかも予測不能」
こういうこと一つとっても複雑怪奇であることがわかります。
占いなんて当たるはずはありません。(今頃わかりました)

だからこそ、占いをはるかに超越した「予言」が必要なのです。
理論・理屈・統計学を超越しなければ、「予言」はできません。
所詮、私の妄想ですが・・・
by kaieda (2008-01-30 00:31) 

kaieda

TBSは、せこい手段を考えているようです。
今日の「ズバリ」は異常でしたよ。
トンズラの準備は完了しているようです。
by kaieda (2008-01-30 00:34) 

大門

一応緊急出演と言う扱いになってるけど、世間の予想に反して上手い事千秋楽まで優勝争いに持ち込んだから、土曜あたりに多分細木がこの日に出演させようとTBSに提案を持ちかけたんだと思う。
細木シナリオとしては、こりゃ優勝すると言う事が頭にあって、場所前に送った化粧まわしを番組で朝青龍に送られ、それを大げさに演出して、細木が得意げに送られた化粧まわしを自慢しまくる。
細木が恩人で、細木のお陰で優勝出来ました、さも細木が凄い事をしたんだと言う事を視聴者に見せて信用を取り戻そうと言う筋書きだったんだと思う。
でも白鵬に負けてそのいやらしいプランもおしゃかになったから負け犬の遠吠えや負け惜しみをグダグダと鼻息荒くして語ったと言う所ですかね。
しかもスポーツ担当のアナウンサーに「あんたスポーツ全然知らないね」と言い、偉そうに力説したわりに、かなりいい加減な事を言っており、当の本人が一番スポーツ知らなかった事をさらけ出していましたね。
白鵬との取り組みを良く見たら、白鵬を持ち上げた時、朝青龍の顔が少し歪んでいた。
そしてその後踏ん張りきれずに白鵬に投げられるが、白鵬を持ち上げた時に本当はそのまま投げたりも出来たのかも知れないが、体が出来ていないのと、持ち上げた時に怪我してる足に激痛が走ってそれを支える事が出来なくなって逆に簡単に投げられたと言う感じだと思いました。
by 大門 (2008-01-30 02:28) 

アンチマン

細木を降板させて、替わりに翼を出演者に加えたら視聴率は急上昇するかもね。上田&有田&タッキー&翼の4人で放送したら内容も充実していると思う。続けるか終了するかはまだ未定でわからないんですが。
多分、幸せって何だっけも細木を降板させて残りの4人(徳光&名倉&原田&堀内&要)の4人で放送を続けるか、終了するか、こちらの詳細は未定でまだわからないです。
もしも、存続して番組内容をリニューアルするんだったらいいなと願っています。もちろん細木のいない番組はタイトルも新しくするべきだと思います。
by アンチマン (2008-01-30 12:24) 

アンチマン

細木を除く幸せ出演者の男連中はは5人でした。訂正します。
by アンチマン (2008-01-30 12:28) 

アンチマン

細木を除く幸せ出演者の男連中は5人でした。訂正します。
by アンチマン (2008-01-30 12:29) 

情報

初場所で優勝を逃した横綱・朝青龍が、「サッカー問題」の謹慎後、占い師の細木数子さんが出演するTBS系番組「ズバリ言うわよ!」
 (2008年1月29日放送)で初めてテレビ出演を果たした。TBSの取材班とともに細木さんがモンゴルに朝青龍を訪ねたこともあり、謹慎中
 に朝青龍がどの様な発言をしていたかが注目されていた。しかし、細木さんは朝青龍問題に絡んでTBSへの「恨み節」ともとれる発言を
 繰り返したのだ。

 朝青龍をめぐっては、夏巡業中にモンゴルでサッカーに興じていたとして、日本相撲協会が、2場所出場停止と九州場所千秋楽の2007年
 11月 25日までの謹慎処分を下していた。その後、精神的ショックによる「解離性障害」と診断され、07年8月29日から、療養するとして
 モンゴルに滞在した。

 そんな中、細木数子さんとのTBSのテレビクルーが2007年10月3日、4日にモンゴルに行っていたことが発覚。日本相撲協会の許可を得ず、
 「極秘」で朝青龍にインタビューしていた、という報道も飛び出していた。TBS側は「後々に放送する予定のドキュメンタリーの取材」
 「撮影隊が行っていますので、細木さんと朝青龍の会話など撮っているはず」などと話していた。謹慎中、モンゴルにいた朝青龍に対して
 どのような取材が行われたかに注目が集まっていたが、2008年1月29日に放送された「ズバリ言うわよ!」のなかで、その時のものと思われる
 映像は放送されなかった。

 この日放送された同番組のなかで、細木さんは冒頭から「おかんむり」の様子。朝青龍に初場所の千秋楽で横綱・白鵬に負けたことについて
 質問が飛んだにもかかわらず、細木さんは「勝負を捨てて相撲に勝ったんです!」「(負けは白鵬への)エールですよ」と主張。

VTRが、TBS側の事情で放映されないことへの不満

「その事実を証明しようと挙げられるブイ(VTR)を、TBSの内部事情で放映させないんですよ。だから私は怒ってるんですよ!(朝青龍が)どれだけのことをしたのか」

 と、モンゴルでのトレーニングの様子を収めたVTRが、TBS側の事情で放映されないことへの不満を漏らした。その後も「そのブイを彼(朝青龍)はくれたのよ。
 先生良かったら見て、使ってって」と細木さんは述べており、VTRが公開されないことに相当怒り心頭だったことが伺われる。

 2008年1月15日の放送で、正式に細木さんの降板が明らかにされたが、今回の放送でも、それに関する発言も細木さんの口から飛び出した。
 それは、「朝青龍と高砂親方の不仲説」を朝青龍が「仲いいんですよ」と全面否定したときだった。
 細木さんは「親方も、今日も出演していいって言ったんでしょ?」と聞き、朝青龍が頷く。そこで、細木さんは「色々局(TBS)との入れ違いがあって、彼、勘違いされちゃって」と説明した。
 ここで、朝青龍がアナウンサーに「暗いですね?」と指摘。アナウンサーは「また降りるんだよって(細木さんに)言われたら、またすいませんって言うしかない…」ととっさに反応。
 細木さんは、

「『降りる』ってことば、気に入らなきゃ、(細木さんが)『降ろされる』」

と「自分は降板させられた」ともとれる驚きの発言をした。これには、アナウンサーも「いやいやいや、そんなこと言うはずないじゃないですか。ドキドキしちゃうな」と動揺していた。
 冗談なのか本気なのかはよく分からないが、細木さんがTBSに対して不満をにじませる放送内容だった。
by 情報 (2008-01-30 12:59) 

常連客B

今晩は。

どうせテレビ出演も無くなると思ってか、ますます何でもアリになってきましたね。

それにしても悪運の強い人です。
もし朝青龍関が不成績だったら企画もクソもないとこですよ。

横綱貴乃花のファンから言わせていただきます。
朝青龍関が白鵬関にわざと負けたような言い方でしたが、
そういう相撲を世間では八百長というんです!!
確かに、「相撲に勝って勝負に負けた」とはよく言います。
でも、記録上は負けなんです!!
……いいかげん、細木数子のおかげで損してることに気づきましょうよ>朝青龍関。
この点、高砂親方のほうが真っ当な判断をしているようですね(ソース:週刊現代)。

ダライ・ラマ師はチベット仏教の人です。
モンゴル帝国と何らか関係はあるようですが、
実際にモンゴルに寺を建立したという話は聞いたことがありません。
わたくしの思い違いでしょうか。

ところで、細木が『ズバッと斬ってくれた頃』っていつ頃のことなんですか??

……もう少しです。最後まで害毒に耐え続けてみせます。
by 常連客B (2008-01-30 18:51) 

細木じゃなくて太木

以前、細木はボードで有田を叩く時に「良い子は絶対に真似するんじゃないよ」と言って叩いていた。PTAから苦情でも来たのかな?子供に見せたくない教育上悪い番組ランキングワースト1に該当しそうだ。
by 細木じゃなくて太木 (2008-01-30 19:36) 

大門

>常連客Bさん
ダライ・ラマの話しには「??」となりましたね。
彼は仏教徒でモンゴルの人間でもなく、関わった事も無いはずと思いました。
いかに細木が行き当たりばったりの思い付きで話しているという事が分かる部分の一つですよね。
by 大門 (2008-01-30 20:37) 

kaieda

1/29の「ズバリ」に朝青龍が出演しましたが、謎が多いです。
後にブログで詳しく書きますが、収録は、1/29当日に行われたようです。
かなり無理をしたという印象があります。

これも、後に詳しく書きますが、
週刊誌で八百長疑惑を指摘され裁判沙汰(現在も係争中?)となったのに、朝青龍が先日の千秋楽で「八百長」したと言ってしまった細木は救いようがありません。
この日の朝青龍は、さすがに細木に対し従順というわけにはいきませんでした。
細木の発言は、相撲と横綱の名誉を傷つけるもので、看過できません。
by kaieda (2008-01-31 00:09) 

kaieda

細木はボードで有田を叩く時に「良い子は絶対に真似するんじゃないよ」と言っていましたが、それなら叩くのやめれば良いのにと思いました。
ボードを取り上げて一言言えば済むことですから・・・
by kaieda (2008-01-31 00:11) 

kaieda

「ダライ・ラマ発言」ですが、ちょっと調べてみましょう。
細木の悪い癖が出たかな?
by kaieda (2008-01-31 00:14) 

kaieda

「ダライ・ラマ発言」ですが、細木の言葉をそのまま書きますと、

「命を懸けて練習した。
 その練習もね、心の世界は、ダライ・ラマが、あの一帯、ダライ・ラマ、
 仏教徒ですから、建てた山のてっぺんの寺にね、彼は命からがら
 上がっていった」

文字を読むとわけがわかりません。
ただ、モンゴルは中世よりチベット仏教の影響を受け、現在のモンゴルの主な宗教もチベット仏教の流派で、文化的にもチベットとの関わりが深いようです。
尚、ダライ・ラマはチベット仏教の最高指導者のことです。
そして、モンゴルにはチベット仏教のお寺も多いようです。
しかし、ダライ・ラマが建てたお寺があるかどうかはわかりません。
(世界史は難しいし、不得意なもんで・・・)
ここまでとさせて下さい。
by kaieda (2008-01-31 23:34) 

常連客B

今晩は。
チベットとモンゴルの文化的な関わりは、よく知りませんでした。
ひとつ勉強になりました。
管理人さん、どうもありがとうございした。
by 常連客B (2008-02-01 19:19) 

常連客B

『どうもありがとうございした』……やってしまった(^^;
改めまして。
管理人さん、どうもありがとうございました。
by 常連客B (2008-02-01 19:21) 

kaieda

いえいえ、私も勉強になりました。
by kaieda (2008-02-01 23:29) 

名無し

http://jp.youtube.com/watch?v=_1H4JjABj9Q

悪人キャラを演じた細木ならではこそ、川田亜子さんの気持ちを理解できたんだろうな。
なんだか泣けてくる…。


by 名無し (2008-05-28 01:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。