So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2007年02月 |2007年03月 ブログトップ
前の10件 | -

細木数子は勉強をやり直せ!

昨日、
フジテレビ系「幸せって何だっけ」(06.2.23放送)「嘆きの穴」(視聴者相談コーナー)の
相談をご紹介しましたが、細木氏は、
「名前変えるの嫌だって、男なら当然ですよ。
 両親がいて兄・弟が生まれたんでしょう。その上にまた先祖がいるでしょうに。
 氏素性というのは、氏という字を書いてごらん。
 『細木氏』その横に『神』を書いたら氏神だよ。氏神を捨てることになんの」
と説きました。
しかし、フリップに字を書いて、氏神様の説明をした細木ですが、字が間違っていました。
「氏」というより「斤」に近い文字でした。
http://www48.tok2.com/home/kaieda/uranai51.html の画像参照
「氏」という簡単な字を間違えるようでは、氏神様のことを説明しても説得力がありません。

このように書くと、「1文字間違えたくらいで大袈裟な」とか、
「たった1文字で鬼の首でも取ったような・・」と反論されるかもしれません。
しかし、上記のサイトでも触れているとおり、ある番組で、
「12年前、何故メディアから姿を消したのか?」
という質問を受け、細木氏は次のように答えています。

ラジオで一言、嫌なこと聞いたんです・・・何とかという字を読み間違えたと。
 こういう一言でカチンときたんです・・・で、また、勉強し直したんです。
 この勉強が命を落とすような修行をしたんです。」

勉強をして命を落とすような修行をした人が「氏神様」の「氏」という字を間違える
でしょうか?
特に、細木氏は、人生相談の際、先祖供養を説き「氏神様」の存在を説明します。
「氏神様」は宗教と関連があり、勉強して修行した人であれば、字を間違えるはずは
ありません。
そのような理由から、細木氏の言葉は全て信用できなくなりました。

細木氏にアドバイスする機会があれば、
「一旦テレビから去って、もう一度勉強し直しなさい」と言ってあげたいです。
もちろん、勉強というのは、漢字の勉強だけではなく、人間学も含まれます。


疑問だらけの細木数子の相談回答

フジテレビ系「幸せって何だっけ」(07.2.23放送)

「嘆きの穴」(視聴者相談コーナー)にて

相談内容は、
男性(次男)よりプロポーズを受けた女性の相談で、その女性の両親は、婿養子を希望
しているが、男性は名字が変わるのを嫌がり、どうすれば良いか困っている。

この相談に対し、
ゲストの劇団ひとりさんは、
「名字を変えるだけで田んぼだ家だとか手に入るんだったら、僕は変えちゃいますけどね」
と回答。
そして、レギュラー出演の要潤さんは、
「ここはちょっと彼、考え方ひとつ変えて(彼女の家に)入っていった方がいいんじゃない
 ですかね」と回答。
すると、細木氏は怒りだし
「そんな考えだから世の中ね、もうグジャグジャになって、ダメだよ君達」
「名前変えるの嫌だって、男なら当然ですよ。
 両親がいて兄・弟が生まれたんでしょう。その上にまた先祖がいるでしょうに。
 氏素性というのは、氏という字を書いてごらん。
 『細木氏』その横に『神』を書いたら氏神だよ。氏神を捨てることになんの」
結局、細木氏の回答は、
「先祖供養ちゃんとやんなさい。先祖が泣いている。墓もきちっとしなさい。
 その上で必ずこの子は養子に来る・・・
 それには、先祖の墓をきちっと祀り返して供養して、その上で養子を迎える。
 必ず来ます。先祖がはたらきます。
 私は、一番最初にご両親(女性の)が先祖をきちっと祀った上で、こちら(男性)の
 ご両親とこ、挨拶に行ったらいいと思います。」
ということでした。

宗教的なことは置いておいて、細木氏の回答の疑問点を書いてみたいと思います。

1.「名前変えるの嫌だって、男なら当然ですよ。
   両親がいて兄・弟が生まれたんでしょう・・・氏神を捨てることになんの」
→ 両親がいて生まれるのは、男だけではなく女性も同じです。
  結婚する場合、現在のところ、婿養子以外、大半が女性が名字を変えています。
  女性は氏神を捨てて良いのでしょうか?

2.「氏という字を書いてごらん」
→ 細木氏は、その場で「氏神」という文字をフリップに書きましたが、
  「氏」という文字が間違っていました。
  説得力がないし、氏神様に失礼です。

3.「先祖供養ちゃんとやんなさい。先祖が泣いている。」
→ 何でそんなことがわかるの?
  ちゃんと先祖供養しているかもしれません。

4.「先祖の墓をきちっと祀り返して供養して、その上で養子を迎える。」
→ 氏神を捨てるのは、男性の方ですから、先祖の墓を祀り返す必要が
  あるのは、男性の方ではないのか?

5.「養子を迎える。」
→ 要潤さんの回答、「ここはちょっと彼、考え方ひとつ変えて(彼女の家に)入って
  いった方がいいんじゃない」ですが、何も問題ないでしょう。
  細木氏の「ダメだよ君達」って、何を怒っているのか?
  細木氏もそうなることを望んでいるのでしょう。

結局、細木氏は婿養子となることが良いと考えているのですが、「氏神」の話はどこかへ
行ってしまいました。
氏神様・先祖様の御加護があるとして、男性側・女性側双方に存在するわけですから、
両方の立場を理解していない細木氏の理屈には矛盾が生じます。

細木氏の宗教観は、表面的には立派に思えるかもしれませんが、突き詰めて考えると
疑問点が多く、やっぱり「カルト」としか思えません。

それと少し気になったのですが、「墓もきちっとしなさい」とは、「墓を建て替えなさい」
ということでしょうか?


細木数子の「人の運命を弄ぶような占い」

フジテレビ系「幸せって何だっけ」(07.2.23放送)

過去の放送はしばらくお休みして、最近の放送を・・

「幸せって何だっけ」に劇団ひとりさんがゲストとして出演されました。
その際、ひとりさんがこれまで何人かの女性と別れたと言った時、細木氏は、
「別れるとき何もしないで、はいさよならで別れたの」と聞いたところ、
ひとりさんは、「そうですね、何もしてない・・」と答えると、細木氏は、
「ああ、そいじゃもう絶対心臓病で早死にするわ。
 死ぬ時間、言ってあげよう。40歳で死ぬ」
そして、細木氏は、
「40歳の7月にお葬式ですから・・早めてもいいのよ2月でも」と言いました。
このような発言が、テレビで堂々と放送されること自体問題があります。
テレビ局の倫理観には驚きます。

細木氏の説明によると、
「数ヶ月、1年、2年つき合って、はいさよならする場合、さりげなく
 手切れ金みたいなものを出しなさい・・・
 別れ上手も知らないで恋するから、女の子の因縁を受けていくのよ。」
ということでした。

劇団ひとりさんは、独身。
「手切れ金」って何だ?愛人契約と勘違いしてのではないか?
独身の男女がつき合う場合、簡単に色々な理由で別れることがあります。
女が男をふることもありますし、別れる際、何でいちいち金を渡さなければ
ならないのか理解できません。
不倫と異なり、独身男女の交際は、二人だけの問題ですから、別れるのは
自由でありお互い様です。
「手切れ金」という言葉を持ち出すこと自体、大きな勘違いをしています。
「女の子の因縁を受けて心臓病で早死にする」なら、若い男性の心臓病死が
毎日のように発生し、若い男性の人口は極端に少ないはずです。

それから、
「40歳の7月にお葬式ですから・・早めてもいいのよ2月でも」という発言ですが、
「早める」とはどういうことでしょう。
細木氏が人の生死を決めることができるのでしょうか。
バラエティー番組だからといっても限度があります。
自分では、「教育番組」と言っているわりには、「低俗番組」にしてしまっています。

結局、劇団ひとりさんは、
「39歳で結婚すれば寿命を延ばすことができる。寿命は120まで生きる」という
細木氏の最終鑑定でした。
こんな鑑定をしていると、益々胡散臭くなります。
これでは、そのうち信者の数も減少するでしょう。もちろん、それは良いことですが。

しかし、その後、細木氏は、
「細木数子の言うことはそんじょそこらの言葉と違うよ。言霊をもって言ってるんだから
 信じなさい。人の運命を弄ぶようなね占いはやってないよ。」
と言って締めくくりました。
いえいえ、言霊なんて全く感じませんよ。
そして、あなたの占いこそ「人の運命を弄ぶような占い」だと言いたくなります。

こんなことばかり言ってたら、墓穴を掘り、信者の数が激減すること間違いなしです。
いくらなんでも、そろそろ信者も疑問を持つようになります。


テレビ局は細木数子の後援会(その3)

テレビ朝日「細木数子の緊急大予言」(06.4.9放送)

続いて、耐震強度偽造事件より「談合問題」について・・

まずは、細木氏と渡辺アナの会話を

細木氏
「談合が悪い、悪いっていうけども、談合は致し方ないかなっていう部分もありますよ。
 狭い心でね、社会を知らな過ぎんのよ。
 談合崩壊した後ね、誰でも社長さんなれて、入札できんですよ。
 それで、いい加減な企業の姉歯とかフューザーとか標準以下の安いものを出すわけよ。
 そうすると、国でも請け負いし、でも、安いからって入れるわけね。
 談合がなかったならば、壊れた時、もう儲け逃げしちゃうのよ。
 こういう悪党みたいに、会社潰しちゃうのよ。そうすると誰が保証するの?
 だけど、そこに大手企業がきちっとした建築会社だったらそう逃げれないですよ。」

渡辺アナ
フェアな戦いはしてもらいたいですよね。」

細木氏
「アンフェアでしょ、逆に。
 フェアな戦いの裏には、アンというものが、裏があるということを知った方がいいよ。」

渡辺アナ
「わかった。いい談合と悪い談合があるんですよ。」

細木氏
「天下り談合だよね、それは。」

渡辺アナ
「悪い談合あるんですよ。悪い談合ばっかりで、何かこう、ほんとにあのー」
(懐に手を入れる仕草をしながら)

細木氏
「あってもいいのよ、それ。」

渡辺アナ
「えっ、いいんですか?」

細木氏
「いいの、天下りでも何でもやんなさい。こういう人を因縁喰いという。
 悪いことをした金、それで喰うんだから、因縁喰いの怖さを教えればいいのよ。
 その人は金儲かって、贅沢したつもりだろうけど、子供が絶対ダメだ。特に孫が。
 ざまあみろ!絶対・・・・・
 
 我々、善良な人の安い給料から一生懸命働いた血税だよ、それは。
 そして、最後はその孫も子供もヒィーヒィーのたうち回って死んでいって、その因縁喰いを
 やったおとっつぁんは、線香の一本もあげてもらえない環境に入る。地獄ですよ。
 だから、法律で処理できないことは、神仏が必ずするということ。」

このような細木氏の意見には全く賛同できません。
細木氏は、談合問題について知識がないにもかかわらず、極めて無謀な発言をしています。

まず、
「談合が悪い、悪いっていうけども、談合は致し方ないかなっていう部分もありますよ」
→ 談合自体について言えば、
  「致し方ないかなっていう部分」はありません。
  公共工事は国民の税金を使って行われます。
  そのために、入札制度を導入しているのです。
  談合を認めてしまえば、入札制度の意味がありません。
  よって、談合自体は、悪いことです。

次に、
「談合崩壊した後ね、誰でも社長さんなれて、入札できんですよ」
→ これは、細木氏の知識不足。
  談合が崩壊しても、「誰でも入札できる」ということは絶対ありえません。
  公共工事に参加するには、多くの高いハードルがあります。
  最低条件が、「建設業許可」の取得、これには許可要件があり経験がないと取得
  できませんし、社長を含め役員に 「欠格要件」があれば、これもまた取得できません。
  続いて、「経営事項審査」を受け、また、入札参加資格審査があり、その点数に応じて
  格付けを行われるため、大手企業しか入札できなかった大規模工事に中小企業
  入札に参加すること自体不可能です。
  
  06/4/7の新聞報道によると、国土交通省発注の公共工事については、指名競争
  入札を原則廃止として、これにより、談合の防止を図る方針を打ち出しました。
  一般競争入札が増えると、参加企業が拡大し、多少、財務体質が劣る企業が落札
  する可能性はありますが、それについては、何らかの条件を付ける予定で、それほど
  心配はないでしょう。
  しかし、これはあくまでも、談合防止策ですから、大手企業が談合しなければ、このような
  防止策も必要ないわけで、例えば談合に対する罰則を強化するという方法もあります。

よって、入札制度について全く知識がないまま、談合を部分的でも肯定したのは、極めて
軽率と言わざるを得ません。

それから、大手企業の入札についてだと思いますが、渡辺アナが
「フェアな戦いはしてもらいたいですよね」と言った後、細木氏は、次のように発言しました。
「アンフェアでしょ、逆に。フェアな戦いの裏には、アンというものが、裏があるということ
 を知った方がいいよ。」
これについては、意味が分かりません。
「フェアな戦いの裏には、アンというものがある」ということになれば、既に「アンフェアな戦い」
です。

最後に、細木氏の宗教観でしょうか、
「いいの、天下りでも何でもやんなさい。こういう人を因縁喰いという。
 悪いことをした金、それで喰うんだから、因縁喰いの怖さを教えればいいのよ。
 その人は金儲かって、贅沢したつもりだろうけど、子供が絶対ダメだ。特に孫が。
 ざまあみろ!絶対・・・・・
 だから、法律で処理できないことは、神仏が必ずするということ。」
これは、神仏に対して失礼だと思います。
宗教観ですから、正悪の判断は難しいのですが、「因縁喰い」した人は、金儲けできて、
贅沢できて、逆にその子供、孫がダメになるということになると、神仏は極めて残酷なことを
する存在ということになります。
神仏なら、「因縁喰い」した人を直接懲らしめれば良いことで、私は個人的に、細木氏の
言われるようなことはありえないと考えています。

このような、カルト的に発言を堂々と放送すること自体かなり問題があると思います。
テレビ局に倫理観という概念はないのでしょうか。

まだまだ続きます。


テレビ局は細木数子の後援会(その2)

テレビ朝日「細木数子の緊急大予言」(06.4.9放送)

前回より
堀江元社長の逮捕について・・

まずは、細木氏の言葉
「ある女性がらみで色々問題できて丸裸になりますよって。
 その3日後の番組でも、他局で言ってんの。そして、その後の逮捕だからね。
 ああやっぱりって思ってた。」

ということですが、「3日後の番組」とは、フジテレビの
「幸せって何だっけ」だと思います。
放送は06年1月6日で堀江氏も出演していました。
しかし、
「ある女性がらみで色々問題できて丸裸になりますよって」
という細木氏の言葉は全くありませんでした。
これについては、以前も取り上げましたが、
06/2/3放送の「幸せって何だっけ」の「世界のニュース」のコーナーで、細木氏は、
「頭はいいけど常識がないからこういうことになるとか、例えばホリエモン、
 私、『彼はスッテンテンになりますよ』とちゃんと言ってるじゃん。」
と「常識がないからこういうことになる」と言いました。
しかし、06/4/9の放送では当初「常識がなかった」と言いながら、結局
「女性がらみで色々問題できて丸裸になります」と言ったことにしています。
これには経緯があり、06/2/3放送の「幸せって何だっけ」で、
「常識がないからこういうことになる」と発言したのですが、スポーツ新聞やネットの
書き込み等で、
「そんなことは言っていない『女には気を付けなさいよ。
 スッテンテンになるから』と言っただけだ」
と批判されたので、今回は「女性がらみ」の話を持ち出したのだと思います。

念のため、整理しますが、「スッテンテンになりますよ」と言ったのは、05年夏の
フジテレビ放送の「25時間テレビ」で、そして、その「25時間テレビ」では、
「女には気を付けなさいよ。スッテンテンになるから」と発言したのです。
その証拠に、勝股さんが、
「えぇ!これ女性がからんでるんですか?」と驚いて聞いたところ細木氏は、
「そうじゃん」という一言だけで、詳しい説明はありませんでした。
皆さんは、ご存じだと思いますが、ライブドア事件は、女性がらみというレベルの事件
ではありません。
結局、細木氏は、強引にこじつけを行って、予言が的中したかのように偽装したわけです。

私は、占いにしても予言にしても、当たることもあれば、はずれることもあると思います。
必ず当たるものではないし、必ずしも当たらなくても良いと考えています。
しかし、はずれた占い・予言を当たったかのように偽装するのは恥ずべき行為だと思います。

しかし、予言してはずした本人の気持ちは理解できないでもないのですが、全くの第三者
であるはずのテレビ朝日が、はずれた予言を当たったかのように偽装するのは許せません。

ナレーション
「今年の正月、ホリエモンの失脚を予言」

細木氏(正月放送の言葉、出演した堀江氏に対し)
「今ね、色々ね、考えて悩んでんのよ。
 迷ってんなと、その証拠はね、若はげっぽく出かかってんのよ。」

ナレーション
「細木は、ホリエモンの心中を見抜いていた。くしくも、細木の予言は的中。」

「ふざけるな」と言いたい。
細木氏が、堀江氏の若はげを見つけたことで、「予言は的中」・・
何の予言が的中したのか?これが「失脚の予言」になるのか?
若はげになった経営者の皆さん、テレビ朝日は、「若はげ=失脚」ということらしいです。
テレビ朝日のレベルの低さには驚くばかりです。


テレビ局は細木数子の後援会(その1)

テレビ朝日「細木数子の緊急大予言」(06.4.9放送)

この番組、一言で言えば「史上最低の番組」でした。
私が、これまで見てきた番組の中で最低の番組ということです。
フジテレビが最低だと思っていたのですが、テレビ朝日はフジを遙かに下回る最低の
テレビ局だと思います。

この番組は、定期放送されている番組ではなく、いわゆる「特番」です。
その前は、06年の正月に3時間番組として放送されました。
06.4.9は、2時間番組でしたが、細木氏がコントに初挑戦ということで占い・予言は、
ほぼ1時間で、内容的には1時間番組で十分ですが、無理矢理2時間番組にしたという
感があります。

前回の司会は、古舘伊知郎さんでしたが、今回は渡辺アナウンサー(テレ朝アナウンサー)
で、主だった出演者は、加藤茶さん、志村けんさん、勝俣州和さんでした。
番組名が「細木数子の緊急大予言」というわりには、「予言」は、それほど多くはあり
ませんでした。

番組の最初の方で、逮捕された堀江元ライブドア社長について予言がありましたが、
堀江元社長は、前回の放送時にゲストとして出演していたという経緯もあり、堀江元社長の
逮捕について説明がありました。
ご存じだとは思いますが、05年、細木氏はフジテレビの番組で、ライブドア株の予言を
行いましたが、見事にはずれ、今回、堀江元社長についてどのような弁明をするか、注目
したのですが、その弁明を聞いて驚きました。
また、番組のフォローにも驚きました。

細木氏、渡辺アナ、その他の出演者、ナレーションの言葉を順番に書いてみます。
余計な部分は削除しました。

渡辺アナ
「どういう形でもって、こういう形になってってしまったんでしょうか?」

細木氏
「ホリエモンは人が良すぎたから、こういうね、おバカさんなことになったのよ。
 ああいう人間が経済界で伸びていったらすごく良くなるの。
 ただね、常識がなかったのよ。」

ナレーション
「今年の正月、ホリエモンの失脚を予言」

細木氏(正月放送の言葉、出演した堀江氏に対し)
「今ね、色々ね、考えて悩んでんのよ。
 迷ってんなと、その証拠はね、若はげっぽく出かかってんのよ。」

ナレーション
「細木は、ホリエモンの心中を見抜いていた。くしくも、細木の予言は的中。
 その2週間後、ライブドアに強制捜査が入った。」

細木氏
「ある女性がらみで色々問題できて丸裸になりますよって。
 その3日後の番組でも、他局で言ってんの。
 そして、その後の逮捕だからね。ああやっぱりって思ってた。」

勝股氏
「えぇ!これ女性がからんでるんですか?」

細木氏
「そうじゃん」

加藤茶氏
「女性だって、結構出たじゃないの。恋人がいたりとかさ。
 あちこち、秘書だか何だか知らないけど、3人か4人くらいいたすね。
 あれ全部いっちゃったんでしょ。」

勝股氏
「いっちゃったって何ですか。飲み屋じゃないんですからね。」

このような内容でした。
長くなりましたので、解説は明日にしたいと思います。


細木数子の最悪の暴言

「幸せって何だっけ」 2006/3/17 放送
細木氏の人生相談

小学生とその親を番組に招き、小学生の人生相談に細木氏が答えるという
コーナーがありました。

男の子からの質問で、
「どうしてママの言うことを聞かなくちゃいけないんですか?」でした。

細木氏の回答をありのままに書き出します。

男の子、今日からよく聞いときな。お母さんの言うこと、絶対聞いちゃダメ。
おまえ達は男なんだから、男が女の言うこと聞いてどうすんの?
男の子はお母さんの言うこと、絶対聞かない。
お父さんと男同士の話をしてお父さんの言うことを一生懸命聞くんだ。
学校であったことも、喧嘩したこと、いいこと、悪いこと全部お父さんと話し合え。
お母さんなんかに言うんじゃない。
お母さんなんか一つでも、学校でいじめられた、先生にぶたれた、怒られたっていうと、
すぐ学校に殴り込みに行くんだよ。君達のお母さん。こんな親たちにもの言うんじゃない。
お父さんと話しな。お父さんと。
ただ、お父さんが仕事で忙しい、その間は、君達に、男の子だからお母さんを守る。
守ってあげる。
お母さんは女で弱いんだ。弱いくせに口だけうるさいんだ。
だから、お父さんのいない時は、君達がお父さん代わりにお母さんを守って手伝ってやん
なきゃいけない。それが男っていうもんだ。
それと、お母さんの言うことを聞かない代わりに勉強しなきゃダメだ。男の子だから。
警察に捕まる悪いことと、弱い者いじめを絶対しない。
それだけ守って、お母さんをいつも助けて守れば何をしてもいい。それが男の子だ。
参照 http://www48.tok2.com/home/kaieda/uranai10.html

この細木氏の回答を放送すること自体、異常としか思えないのですが、私なりに問題点を
書き出したいと思います

「おまえ達は男なんだから、男が女の言うこと聞いてどうすんの?」
→ 男尊女卑という前の問題で、バカげていると言う他ありません。
  母子家庭の場合はどうなるのでしょうか?
  また、日本人男性はよく働きますので、お父さんが帰宅した頃にはもう、子供
  寝ているということも珍しくはありません。
  子供がお父さんと話ができる時間はそれほど長くありません。
  お父さんがいない時間は、躾ができなくなります。
  また、女の子はお母さんの言うことを聞いて、お父さんの言うことは聞かなくて
  も良いということでしょうか?

「お父さんが仕事で忙しい、その間は、男の子だからお母さんを守る。」
→ 5歳の男の子には無理ですよ。
  江戸時代までで、武士の息子で帯刀しているならまだしも・・

「弱いくせに口だけうるさいんだ。」
→ それが当てはまるとしたら、あなたくらいでしょう。

「お母さんの言うことを聞かない代わりに勉強しなきゃダメだ。」
→ 子供に対する教育は、勉強ばかりではありません。
  遊ぶことはもちろん、人格形成も重要です。
  そのために、母親は重要な役割を果たしています。

「警察に捕まる悪いことと、弱い者いじめを絶対しない。
 それだけ守って、お母さんをいつも助けて守れば何をしてもいい。」
→ 子供が警察に捕まるのはよっぽどのことしかないのですが、いじめだけではなく、
  人に迷惑をかけないとか人間として知っておかなければならないことはたくさんあります。
  だからこそ、お母さんは躾として子供に色々なことを言い聞かせようとするのです。
  ですから「ママの言うことを聞かなくちゃいけない」のは当然です。

「男の子だから・・」「それが男っていうもんだ」「それが男の子だ」
→ 昔、「魁 男塾」という漫画がありましたが、その影響を受けているのでしょうか?

ということで、細木氏の発言は、漫画の世界でしか通用しません。
男の子を育てたことのある母親だと、とてもこのような発言はできないと思います。
番組は、子育て、教育の経験のない細木氏に自由気ままに発言させるべきではあり
ません。
細木氏の発言を聞いていると、普通の人生を歩んできた人間とはとても思えません。
この発言は、細木氏の最大の暴言だと思います。
言う方も言う方ですが、言わせる方も言わせる方です。
普通なら、番組側でカットするところですが、平気で放送するし、今なお、このような者を
出演させるテレビ局は、やはり異常です。
最近、情報系の番組で捏造が次々と発覚していますが、情報系の番組でさえ捏造が
あるわけですから、バラエティー番組では何でもありです。
バラエティー番組を見るなら、それを承知で見るべきです。


ハズレ伝説を更新し続ける細木数子

随分前の放送ですが、「ズバリ言うわよ」(06.2.14放送)でドン小西さんがゲスト出演して、
細木氏が例のごとく鑑定占い)したのですが、最後にとんでもない占いをしました。
それは、
「ご自分では気が付いてないけど、おへそのちょっと上のあたりに癌ができてます。
 明日でも、来週早々でも、すぐ一応病院に行って検査して下さい。
 手遅れになりつつあんのよ。
  もう、すぐね、これから間に合えば、今からでも行って欲しい。」

ということでした。

ドン小西さんは相当驚いた様子で、その後、病院で検査を行った結果、
「癌の疑いは無い」とのことでした。
詳細は、ドン小西さんのオフィシャルサイトを参考にして下さい。
http://fanet.jp/regular/don_konishi/120.html

「手遅れになりつつある」という占い、
当たるならまだ良いが、当たらない場合は、単なる「脅迫」になるのではないでしょうか。
「癌」については、医者でさえ告知するのを躊躇するくらいなのに、当たらない占いで
「癌の告知」は明らかに「脅迫」です。
もし、これが「脅迫」でないとしたら、細木占いは当たらないからどんな占いも「脅迫」には
当たらないという常識になってしまいます。
それなら、もう、少なくともテレビで占い・予言はやめたほうが良いでしょう。

細木占いのハズレ伝説がまた増えたわけですが、最近は驚かなくなりました。
ハズレて当たり前、今更驚くこともありません。
しかし、ドン小西さんの鑑定の後、お笑い芸人のX-GUNが登場し改名しましたが、
当たらない占い師の改名の勧めを受け入れてしまったのは、何とも不運だと思います。
ドン小西さんへの占いがハズレたことがわかった時点で、改名を考え直しても良かったと
思います。
一旦、細木氏の改名(丁半コロコロ)を受け入れても、
「細木氏の占いは、当たらないことがわかったので、改名は辞めます」
と言えば良いことですから。
「そんなことしたら細木氏に地獄に落とされるよ」と言う人がいるかもしれませんが、
占いもたいして当てることのできない人に、他人を地獄に落とす能力なんてないですから、
心配無用です。
元々人気が下降気味の芸人ですから、人気回復を狙うなら、「改名は辞めます」と言えば、
改名以上の効果が期待できるでしょう。

これまで、改名した芸人は何人かいますが、少なくともお笑い芸人の場合は、実力のみが
ものを言います。
強いて言うなら、芸名は呼びやすい方が良いと思います。
「おさる」→「モンキッキー」
「コアラ」→「ハッピパッピー」
「X-GUN」→「丁半コロコロ」
呼びにくくなっただけです。
お笑いコンビ名は、略される傾向がある中で、わざわざ長ったらしい名前に改名する必要は
ないでしょう。
ちなみに、略されることの多いコンビ名には
「ますおか」「ブラマヨ」「オリラジ」等々・・

現在のところ、X-GUNは改名の効果は現れず、またまた、改名ハズレ伝説が増えたわけ
ですが、占い・予言等の能力のない者をいつまでテレビに出演させ続けるのでしょうか?
結局、テレビ業界全体が関西テレビと同類ということになってしまいます。


細木数子氏は何か違う次元の人物では

約1年前の番組ですが、
「幸せって何だっけ」(06.2.24放送)で細木氏の発言で気になったことがあります。
「日本全国駆け込みトラック 嘆きの穴」のコーナーで、
「次男が長男に代わって先祖の墓を継ぎたい」という相談に対し回答の途中で細木氏は
次のように発言しました。

「分家の方が栄えるんです。本家は因縁がいっぱいあります。
 だから、きちんと本家の墓を建て直した時、本家の因縁、解消できるんです。
 そして、その本家の因縁を解消した土を頂いて、分家の墓地だけ持つ」

ということでした。
一見何でもない発言ですが、私は、非常に気になりました。
以前より、細木氏に鑑定占い)してもらうと、「墓の建て直しを勧められる」という噂が
あったからです。
テレビで現実にこのような発言があると、少なくとも細木氏には、
「本家には因縁が多く、墓の建て直しをした方が良い」という考えがあるということになります。

私の狭い見識では、「墓の建て直し」というのはそれほど多くはないと思います。
細木氏には、「本家には因縁が多い」という理由と「墓を建て直せば因縁が解消できる」
という理由を、機会があれば、番組で説明していただきたいものです。

占い師」という肩書き、そして、「心相学者」を名乗ることのある細木氏ではありますが、
やはり、何か違う次元の人物ではないかと思いました。


細木数子のテレビでの問題発言

これまで、細木氏の番組を見て、問題発言に注目してきました。
その問題発言をホームページにまとめていますが、あまりにも問題発言が多く、しかも、
長文となるので、テレビを見ながらその発言を正確に書きとめるのに膨大な時間を費やして
いました。
そこで、毎回思うことですが、「ホームページにテレビの映像を掲載できないかなぁ?」
ということです。
著作権の問題があり、当初から躊躇していたのですが、条件を満たしていれば、テレビ映像
を掲載できることを知り、この度、テレビ映像を公開しました。
著作権を侵害することのないよう細心の注意を払いながら、これからも映像を増やしていく
つもりです。

ところで、何故、ホームページにテレビ映像を掲載したいかと言いますと、まず、閲覧者は、
「本当にこんなこと言ったのかなぁ?」と疑うでしょうし、また、文字で見るのと、映像を見る
のでは、印象が異なることがあるからです。
例えば、細木氏の究極の暴言「地獄へ行く」ですが、文字だけで見るとそれほどの「暴言」
とは捉えられません。
「単なる決め台詞だ」とか「半分冗談で言ったんだろう」と思われるかもしれませんが、
こちら http://www48.tok2.com/home/kaieda/uranai8.html の画像を見て
頂ければおわかりかと思いますが、「怒気」が伝わってきます。
そして、画像だけではなく映像を加えると、その時の経過、原因がよくわかります。
番組全体を公開するのは、著作権法に触れるので、批評する部分の映像を公開することに
なりますが、例えば「地獄へ行く」というシーンだけを公開すると、
「保坂さんがよっぽど酷いことを言ったのだろう」とか誤解を招く可能性もあります。
よって、これからも、著作権法を守りつつ閲覧者に誤解を与えないよう映像を公開する
つもりです。
現在のところ、ほんの一部しか映像を掲載していませんが、これから徐々に掲載していき
ますので、ブログ同様、宜しくお願いいたします。
http://www48.tok2.com/home/kaieda/index.html
http://kaiedajiro.hp.infoseek.co.jp/(予備)


前の10件 | -
-|2007年02月 |2007年03月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。