So-net無料ブログ作成

細木数子のテレビ番組における墓石商法

6/22の「幸せって何だっけ」のゲストはタレントの北野誠さんでした。
北野誠さんは、若い頃、お父さんが自殺され、そのことがトラウマになっているようで、
「たまに(親父が)出てくるんですよ、夢に。」と言ったところ、細木氏は、
「墓建ててやったの?」と聞きました。
北野さんは、「いや、墓は先祖代々の墓がちゃんとあるから」と答えたところ、細木氏は、
「ダメ、あんたがきちっと建て直す。それで(父親が)夢枕に立つの。
 そしたらあんたの命と健康は、長生きして健康維持できる。でなければ、あんたは、
 はっきり言う、 自殺する。」と言いました。

細木氏の鑑定は、少しわかりづらいと思いますが、要約すると、
父親の墓をちゃんと建ててない→父親は成仏していない→夢枕に立つ→自殺する
ということです。
先祖代々の墓があるのに、新たに墓を建てろとは驚きました。
しかも、そうしないと北野さんは自殺するということです。
この後、北野さんに墓石屋を紹介したら、立派な霊感商法です。
墓石屋を紹介しなくても、脅迫罪が成立する可能性があります。

細木氏は、週刊誌等に書かれているのですが、墓石屋と組んで霊感商法を行っている
のではないかと疑惑がもたれています。
今回の放送を見ると単なる「疑惑」とはとても思えません。
必要もないのに新たに墓を建てさせようとし、そうしなければ、自殺すると鑑定する・・
テレビ番組で、堂々とこのような鑑定を行っているわけですから、個人鑑定でも同様な
鑑定を行っていると考えるのが自然です。

細木氏が、テレビ番組であのような鑑定を行う以上、私も、細木氏に対してこれまで
以上に厳しい「鑑定」をせざるを得ません。


細木数子の「改名」失敗の言い訳

昨日(6/22)、「幸せって何だっけ」を見たのですが、「話題のニュース」の
コーナーでネプチューンのホリケンさんが、「三原じゅん子 ハッピハッピー離婚」
のニュースを取り上げ、細木氏に対して、
「せっかく先生(細木氏)に改名してもらった元コアラですが、名前の通りには
 ハッピーな結婚生活を続けられなかったようです」
と言ったところ、細木氏は、
「それは、当然よ、結果。ハッピハッピーってつけたってね、何の挨拶も連絡も
 ないもん、本人から、それはもうダメよ。」
という回答でした。

実に見苦しい・・
言い訳するならもっとましな言い訳できないのかなぁと思いました。
細木氏の目の前で改名しても、細木氏にその後、挨拶しなければならないとは
驚きです。
改名と細木氏への挨拶とどのような関係があるのか教えて欲しいです。
もしかすると、細木氏は「神」なのでしょうか?
細木氏は、挨拶がないとか礼がないとか言って、鑑定を悪くしようとすることが
ありますが、結局、細木氏の占い・鑑定・改名など全て細木氏への態度次第という
ことです。
つまり、全くあてにならないということです。

良い例をご紹介します。
04.11.2放送の「ズバリ言うわよ」で、「細木数子にモノ申す!」
という企画で、細木氏に改名させられたお笑い芸人モンキッキーが出演し、
「8/11付けで、モンキッキーに改名しました。
 改名したところ、仕事は現状維持、何もパッとするところがなく・・
 改名は正解なんでしょうか?」と聞いたところ、細木氏は、
「今まで大殺界だったんで、これから芽が出て、来年、再来年のうちね、
 必ず冠番組、あなた持ちます」と回答。
04年の再来年は06年、昨年までに冠番組を持った形跡はありません。
この時、細木氏自身が、モンキッキーより改名後に「礼状を戴いた」と言いました。
モンキッキーは、礼状も出したのにも関わらず、ブレイクすることなく、しかも、
冠番組を持つとまで言われたのに、それもありませんでした。
それなのに、ハッピハッピーに対しては、今更「何の挨拶も連絡もないからダメ」
とは、笑止千万です。

モンキッキーに対する言い訳は、どうするつもりでしょうか?
是非、聞いてみたいものです。


「霊能者」細木数子、無理するなよ!

最近、細木氏は鑑定の際、六星占術を使わなくなったことを書きました。
六星占術の本を出版して、ベストセラーになり、それがきっかけで「占い師」
を名乗っているのでしょう。
つまり、霊能鑑定が目的で、占い師となったわけではなく、占い師として活動する
ようになってから、その延長で霊能鑑定を行っていると考えられます。

占い師も霊能者も国家資格があるわけではなく、宣言するだけで誰でも占い師、
霊能者になれるわけで、細木氏は、霊能者であると宣言してもかまわないはずです。
逆に「霊能者でもある」と宣言しなければ、霊能鑑定に矛盾が生じます。
最近の細木氏の言動は、占い師というより霊能者で、六星占術を使った鑑定は、
ほとんどありません。
いっそのこと、占い師を捨てた方がかえって良いのではないかと思うのですが、
人の運命鑑定・運勢鑑定を行う場合、肩書きが必要です。
このような鑑定を行う人の肩書きは、占い師か霊能者が多いようです。

細木氏にとって、六星占術の本がバカ売れしたのは、次のステップに繋がりました。
「よく当たる占い」であれば、個人鑑定の依頼もあり、これで儲けることができます。
1件当たり10万円という鑑定料を取るということです。
しかし、六星占術で10万円も取るというのは、無理があります。
六星占術で自分の運勢を予想するには、細木氏の著書を読めば済むことです。
そこで、どうしても、予言者のような特殊な能力が+αとして必要になります。
悩める人の相談に対し、解決法を授ける・・これなら、相談者も10万円という
高額な鑑定料に納得することができます。
占いは、勉強すれば、修得することができます。
しかし、予言能力は、特殊な能力で、勉強や修行で修得できるものではなく、
付加価値が高いと言えます。

六星占術は、ほとんど当たらないことは、ご承知の通りだと思います。
3年くらい前から、細木氏は「占いは入り口にすぎない」とテレビで語っていました
が、事実、六星占術で占うとはずれることがほとんどで、しばらくして六星占術は
所々挟む程度にして、「鑑定」では、ほとんど「予想」(予言)を行っていました。
しかし、元々特殊な能力を持ち合わせていない細木氏は、予想を含む予言を次から
次へとはずし、昨年より、予言はほとんど行わなくなりました。
そこで、予言に代わる特殊能力として、最近では、霊能者であるかのような振る舞い
が多くなってきました。
以前より、霊能者のような発言はありましたが、それほど目立ちませんでした。
あくまでも「占い師」という立場で、テレビでは鑑定を行っていました。
昨年からは、降霊、除霊の真似事をし、守護霊を指摘したりしています。
しかし、これらは、単なる見せかけで細木氏に霊能力がある証明になっていません。
降霊は、ゲストが涙を流したことに便乗し、除霊は単なる「手かざし」で、守護霊
は、元来見えるものではないので、はずれているという証明はできません。
逆に、細木氏は、自ら「霊は見えない」とテレビ番組ではっきり言っているので、
守護霊について語ること自体、既にインチキの証明となっています。

能力のある者が、テレビに出演して、占い・予言を行うのは良いのですが、能力が
ない者は、インチキであることをテレビで公表するようなものです。
現在、細木氏は、占い・予言がインチキであることがばれてしまったので、霊能者
ぶって、今までの地位を守ろうとしています。
今では、占い師とか予言者の顔はほとんど見られません。

占い師→ 占い師+予言者+霊能者(少しだけ)→ 予言者+霊能者→ 霊能者
という具合に変遷しています。
大きな曲がり角は、昨年の「ライブドア強制捜査」と「ポスト小泉予言」でしょう。
この二つの出来事で、占い・予言能力が否定され、行き着く先は霊能者しかなくなった
のでしょう。

結局、元々が嘘から始まっているので、うまくいかなければ、嘘を嘘で塗り固めなければ
逃げられなくなっています。
最近の細木氏の言動を見ていると、「無理しているな」と感じます。
嘘をつき続けることは容易ではありません。
そろそろ楽になった方が良いと思います。


細木数子よ、六星占術は消滅したのか?

6/15の「幸せって何だっけ」を見ました。
ゲストは、歌手のささきいさおさんでした。

この日も暴言、デタラメ鑑定の連続で、しかも、またもや六星占術が姿を表しません
でした。

ささきさんの鑑定の際、細木氏が、
「この人(ささきさん)に収入があって人気もそろそろ出てた。
 奥さんはそこに惹かれてますよ。」と言ったところ、ささきさんは、
「それだけじゃないと思いますよ。」と言いかけたところ、細木氏は、
「それだけなのよ。自惚れるうんじゃないわよ。」と一喝。

自分の価値観を他人に押しつけるなと言いたいです。
あんたは、金で男を選んでいたかもしれないが、そうでない人がほとんどだと思います。
それにしても、ささきさんに対しても、奥さんに対しても失礼な話です。

それから、ささきさんに対する鑑定で、
「あんたの背中にそのおばあさんがついてんだよ。
 男なんだけど好いたらしい甘さがあるの・・・男っぽいんだけど、背中におばあさんが
 ついてる。守ってくれてるのよ。」と発言。
背後霊か守護霊かわかりませんが、どこかの番組みたいですね。
細木氏には霊は見えないはずですが、どうしてわかるのでしょうか?
「流行」を意識しているのですかね?インチキ丸出しです。

それから「嘆きの穴」(視聴者相談コーナー)ですが、
「別居して2年、夫と離婚するには?」という女性の相談ですが、
その経緯をまとめると、
・結婚して11年、男の子2人(現在7歳と5歳)
・5年前、持病を患う夫の両親を気遣い同居
・夫が必要以上に姑を大事にするため、子供2人を連れて2年前より別居
・今住んでいるアパートの周辺を夫がうろつき、顔を見ると人相が変わっていた
・離婚したいが、夫が応じない

これに対し、細木氏の鑑定は、
「子供を放せばすぐ離婚できるじゃん・・・
 夫は今、病気なんですよ。あなたが夫の形相を変えたんじゃないですか・・・
 そういう風にしたのはあなたでしょうに・・・
 あなたの日々の生活の行い、わがままのために、夫を追い込んだ。
 親孝行する、大事じゃない。」
それから、家系図を示しながら、
「二代目です、あんた達は。三代目は根無し草(2人の男の子を×で消す)。
 ましてこの人(夫)は病ですよ。あんた不幸になったっていいのよ。
 幸せになろうと関係ない。この2人(子供)を幸せにしてあげたい。
 どうしても別れるって言うんなら、地獄行くのを覚悟で、長男は正一(夫)
 の子に残しなさい。2人(相談者と次男)で生きなさい。
 そうすればこの子(長男)は助かる・・・じいさん、ばあさん、先逝くでしょう。
 ひょっとしたら、ご主人、先逝くかもしんない。保険金入るんだろうよ。
 ここ(義父母)死んだら、家屋敷入るんだろ。
 そこに居座って3人でルンルンやりゃいいじゃないか」ということでした。

今回のつっこみ
・夫の人相が少し変わったくらいで病人扱いするな
・夫の形相を変えたのは、相談者の責任か?
・夫の責任で、別居状態になったと考えられないか?
・「相談者の日々の生活の行い、わがままのために夫を追い込んだ」とは、
 何を根拠に言うのか?そんな説明は一切なかった。
・「あんた不幸になったっていいのよ」とはどういうこと?
 相談者に対して、そのようなことをいつも言ってるの?
・「地獄行くのを覚悟で、長男は正一(夫)の子に残しなさい。
  そうすればこの子(長男)は助かる」とは何を根拠に言うのか?
・「ご主人、先逝くかもしんない。保険金入るんだろうよ」って、また金か?
 結婚については、金のことしか頭にないのか?
・「よりを戻すべき」と思うなら、夫や姑とどのようにやっていくべきかの
 アドバイスが全くなかった。相談者を責めただけで何の解決にもならない。

こんなところですか。
今回も六星占術は、姿形もありません。
細木氏は、占い師というより、やはり、「戸籍鑑定士」もしくは「家系図鑑定士」
でしょう。

この番組のタイトルは「幸せって何だっけ」ですよね。
細木氏に尋ねると、こう言うでしょう。
「簡単じゃん。幸せって金ですよ」
金の亡者に人生相談してもこんな回答しか返ってこないですよ。


裏稼業を垣間見せた細木数子

細木氏の個人鑑定の申し込みは、まず、勉強会に参加することが条件となっています。
これは、既にご承知の通りです。
しかし、正式な申し込みとなるには、3代前の戸籍謄本を細木事務所に送付しなければ
ならないようです。
何故、3代前の戸籍謄本が必要なのか?
「六星占術」に戸籍謄本は不要ではないか?生年月日を証明するものがあれば良いのでは?
と疑問に思われる方も多いと思いますが、「幸せって何だっけ」の「嘆きの穴」をご覧に
なっている方は、「当然だ」と思うでしょう。
細木氏の個人鑑定は、六星占術によって行われるものではないことは想像がつきます。
「嘆きの穴」のように、多少、「○○星人は・・」という言葉を散りばめることがあっても
最終的には、戸籍が重要であることがわかります。

細木氏は、普段から「先祖供養」を口にし、子供の異常行動を先祖の責任にしたりして
いましたが、○○星人と△△星人は相性が良いとか悪いとか言って、占い師であることは、
捨ててはいませんでした。
そして、鑑定はカルト的な面がありましたが、極端に強引な理屈はありませんでした。

しかし、前回、前々回で書きました通り、6/8放送の「幸せって何だっけ」では、現在、
考える必要のない「絶家」の可能性を指摘し、先祖供養の話に強引にもっていきました。
また、今回の放送では、「絶家」について六星占術は一切使用せず、強引な独断と偏見で
話を進めました。
自称占い師の細木氏が「先祖供養」を口にするのは、不自然ではありますが、細木氏の
著書には、その根拠が示されています。
しかし、元来、生年月日占いと先祖供養を繋げるのには無理があります。
それは、全く異質のものであるからです。
わかりやすく言うと、占い師と霊能者は全く異なるのと同じことです。

細木氏は、特番などで、六星占術を説明することがありますが、視聴者の個人鑑定に
なると、結局、戸籍鑑定を行います。
6/8放送の「幸せって何だっけ」で驚いたのは、詳細な家系図がフリップで用意され、
そのフリップを示しながら説明したところです。
しかし、細木氏の「絶家」の理論は、ちょっと考えれば無理があるということは、
ほとんどの人が気づいたと思います。
というのは、本人(ゲスト波田さん)や相談者の夫は、婿養子だからです。
女の子しかいなくても、婿養子を迎えれば、絶家になることはないという良い例となっています。

この度の鑑定を見聞きした感想としては、細木氏は、表稼業の「占い師」を忘れ、
テレビ番組で堂々と裏稼業を公開してしまったということです。
個人鑑定では、色々な噂が流れていますが、テレビ番組では、どのような鑑定が行われて
いるのかは、明らかにされていません。
しかし、この度の放送で、少なくとも想像はつきます。
3代前の戸籍謄本が必要であることに繋がります。
「状況証拠」ということになりますが、個人鑑定の実体を垣間見た気がします。

それにしても、テレビ番組で堂々と、見え見えのデタラメ鑑定をよく行ったものだと驚きました。
これは、テレビ局、BPO、警察、そして視聴者が舐められている証拠だと思います。
暴言、知識不足などで抗議を受けることはありましたが、霊感商法を行っているという情報が
ないため、細木氏は、安心しきっており、鑑定については、徐々に裏稼業の鑑定をさらけ出す
ようになりました。

日本中が舐められているということに早く気づかなければなりません。


細木数子もテレビ局も異次元の世界

前回、6/8放送の「幸せって何だっけ」を取り上げましたが、何度見ても常識では
考えられない異常な放送だったと思います。
ゲストと視聴者に対する細木鑑定は、もはや異次元の世界でした。
しかし、テレビ局はいつも通り放送し、マスコミが大騒ぎすることはありませんでした。
もちろん、テレビ番組ですから、マスコミが大騒ぎする可能性は低いのですが、
視聴者もそれほど驚いていないと思います。
徐々に神経が麻痺してきていると思いますが、非常にバカげた鑑定を行っている
ことに、多くの人が気が付いていないようです。
どこがバカげているかは、前回、書いたとおりですが、まとめますと、
・男の子がいないと「絶家」になる
・これからも子供が誕生する可能性は十分あるのに「絶家」になる
・先祖が、養子に行った夫を引き戻そうとしている

常識では考えられない鑑定です。
テレビでこのような鑑定を行っているのですから、当然、個人鑑定でも同様の鑑定を
行っていると考えられます。
高額の鑑定料を受け取っていることは確かです。

私が、疑問に思うことは、
・このような鑑定が難なく放送されること
・大騒ぎにならないこと(視聴者が事の重大さに気づいていないこと)
です。
日本中が異次元の世界に突入していると言っても過言ではありません。
細木氏の発言は、何かと物議を醸し出しましたが、今回ほどカルトじみた発言は
なかったと思います。
番組ではなく個人で抗議の対象となる人物は、細木氏が一番だと思いますが、
批判を受けながら、益々、発言が異常性を帯びてきています。
批判があれば、反省し、改善されるはずですが、逆の方向を爆走中です。
しかし、これは細木氏の作戦かもしれません。
徐々に過激な発言をして洗脳するのが目的なのかもしれません。
細木氏が、キー局に出演するようになって、すぐに今回のような鑑定を行えば、
カットされていた可能性がありますが、番組側は、少しずつ細木氏の過激発言に
慣れてきて、今では、どのような発言も受け入れてしまうようになったのではないか
と考えています。
それは、視聴者に対しても同様です。事の重大さに気が付いていないと思います。

今回の放送を見て、はっきりと言えます。
細木氏は、ペテン師というより詐欺師です。
テレビでの鑑定は嘘の固まりと断言できます。
理論理屈は全く不要です。理論理屈の次元を超越しています。
そして、細木氏の鑑定をテレビで垂れ流すテレビ局は、詐欺の共犯です。

そこで、これまで我慢してきましたが、皆さんにご協力をお願いしたいです。
反細木運動を押しつけるようなことはしたくなかったので、ご協力をお願いすることは
なかったのですが、細木氏とテレビ局の暴挙に反対する人は、何でも結構ですので、
行動を起こして頂けないでしょうか。
ネットの掲示板に書き込む段階は終わったと思います。
テレビ局、BPOは、あまり期待できませんが、数が多いと無視はできないと思います。
細木批判が山のようになれば、重い腰を上げる可能性もあります。

腐ったテレビ局により、日本全体が腐っていくような気がします。

少し前ですが、「もの言う株主」により株主総会が一変しました。
それと同様、視聴者が「もの言う視聴者」にならなければ、テレビ局は永遠に
変わることはありません。


細木数子の殺し文句は「絶家」

6/8の「幸せって何だっけ」を見ました。
ゲストは、波田陽区さんで、最近結婚、しかも養子のようです。
波田さんと奥さんの家系図が詳細に提示されましたが、細木氏はそれを見て
波田さんが養子に行ったことについて苦言を呈していました。
波田家の末端の子供に男の子が一人しかおらず、もしものことがあったら絶家になるということです。
しかし、女の子はいます。

それから、視聴者相談コーナーでは、相談者は女性ですが、夫と婿養子として結婚したのですが、
農業を嫌い、養子として跡継ぎになるのかという不安があるようです。
これまた、詳細な家系図が提示され、夫(婿養子になった)の「家」の末端の子供に女の子(0歳)
しかいないので、絶家になるということでした。
それで、先祖が、この夫(男の子、女の子1人ずつ)を引き戻そうとしているそうです。

通り一遍に聞くと「なるほど」と思う人がいるかもしれませんが、ちょっと考えただけであまりにも
バカげた理屈であることがよくわかります。
2話とも、「養子」に関して・・
女の子しかいなくても、婿養子を迎えれば、絶家になることはありません。
それから、若い夫婦には、これから、男の子が誕生する可能性は十分あります。
そして、結婚していない男(27歳)は、結婚すれば、男の子が産まれる可能性があります。
よって、絶家の可能性は、まだまだ判断できる状況ではありません。
ご先祖様は、これから男の子の誕生(女の子でも問題ありません)を見守っているはずです。

先祖が、この夫を引き戻そうとしているという疑いをかけられたのでは、たまったものではありません。
細木氏の鑑定も少しずつ様変わりしているようです。
墓、先祖、供養、絶家・・
細木氏は、占い師ではないのでしょうか?今回は、六星占術が完全に消えてしまっています。
やっぱり、占い師というより、良くてペテン師、テレビには絶対出演させてはならない人物です。
このような番組を放送しているフジテレビは腐りきっているとしか言いようがありません。


細木数子の鑑定会勧誘は違法か?

細木数子は、フジテレビを中心に鑑定会の勧誘を行っており、この鑑定会自体が霊感商法に
該当し、違法性が高いと考えます。
私は、法律については全くの素人ですが、素人が考えてもテレビ番組での細木氏の発言は、
違法性が高いのではないかと思います。
全て個人的見解ですが、その根拠は、次の通りです。

1.フジテレビの番組「幸せって何だっけ」に出演し、視聴者からの相談コーナー(「嘆きの穴」)
  があり、霊能鑑定を行うことが度々ある。
2.同番組では、「嘆きの穴」の前に、番組側が鑑定会の紹介をすることがある。
  また、細木氏自身が、番組中に「勉強会」(鑑定会の予約を行う場所)に「嘆きの穴」の
  相談者を勧誘することも度々ある。
3.「嘆きの穴」では、霊能鑑定を行うことがあるが、細木自身は霊能力者ではない。
  本人は、霊能者ではないことを同番組で認めている。
4.占い、予言能力も皆無と考えられる。一般の人間が想定する範囲にも劣る。
5.はずれた予言を当たったかのように表現する。
6.以上により、細木氏は、自分に占い・予言・霊能力など特殊能力がないと自覚しながら、
  視聴者を錯誤に陥れ、自分に霊能力等があるかのように語り、鑑定会に出席させること
  により鑑定1件につき10万円を要求している
7.上記の行為は、自分に特殊能力がないと自覚しているところから故意とみなすことができる。

証拠番組
1.「幸せって何だっけ」(フジテレビ系列06.11.17放送)「嘆きの穴」のコーナーで
  「小1の息子が突然、学校で暴れるようになり、妻がヒステリーを起こし家庭崩壊寸前」という
  男性の相談で、細木氏の回答は、
  「女房(相談者の妻)の実家が、先祖がこの子を使ってやらしてるんです。
   これ因果の法則と言います。・・・
   ここ(妻の両親)は無縁仏になるの。死んでもお墓ひとつ線香1本あげてくれない。
   無縁地獄に入るんです。その上にも先祖がいるんです。
   さあ、その先祖がこの子をおかしくさせます。
   この上の先祖が地獄行くからそわそわそわそわして、うろうろうろうろ学校でもなんでも、
   地獄へ行きたくないからって、この子をいじめているのを気がつかなきゃいけません。」

2.「幸せって何だっけ」(フジテレビ系列 番組放送中時々)「嘆きの穴」のコーナーで
  ナレーション「月に数回、30年以上に渡って開かれてきた人生の鑑定会、誠心誠意
          アドバイスする細木のもとに日本中から悩みを抱えた人々がやってくる」
  細木氏の声「悩める多くの人々はここに駆け込み寺があります。幸せを掴んで下さい」

3.「幸せって何だっけ」(フジテレビ系列06.10.6放送)「話題のニュース」のコーナーで、
  「大霊界に言った丹波(哲朗)さんは、今、何丁目あたりでしょうか?」
   という質問に対し、細木氏の回答は、
  「私は、神様の世界は見ます。霊界は見ません。霊界は見る必要ないんです。
   それは霊能者に任せればいいことで、そういうことはどうでもいいんです。神々は見ます。
   だから神様の存在はよく、恐ろしいくらい知ってるし、力のすごさも知ってます。
   だからそれをもって答えてるんです。色々。」

4.「25時間テレビ」(フジテレビ系列05.7.23放送)
  ライブドア堀江社長(当時)と対談「ライブドアの株価は5倍になる」
  →ライブドアの株価は、5倍になるどころか上場廃止となる。

  「細木数子が緊急大予言」(テレビ朝日系列06.1.1放送)
  「ポスト小泉」は、当時の党幹事長の武部さんと予言。
  他に可能性があるのは、福田さんのみと予言。
  (その後立候補した3名は「今回は可能性なし」と予言)
  →自民党総裁選の告示で立候補したのは、安部さん、谷垣さん、麻生さんのみ。
   (当選はもちろん安倍さん)
   細木予言では、立候補した3名は「今回は可能性なし」ということ。
   本命の武部さんは立候補どころか噂にもならず、そして、福田さんは早々に不出馬を
   宣言し、まだ投票もされていない段階で結果が出てしまった。

  「細木数子が緊急大予言」(テレビ朝日系列06.1.1放送)
  この年「東京に大地震が起こる」と予言。
  その理由を要約すると、
  「東京は、アスファルトばかりで土がなく、土から万物が生まれるのだから、空気の悪い
   所に神様はいない。よって、東京には地震を防ぐ神様がいないので大地震が起こる。」
  →最近の大地震は、世界的に見ても、自然豊かな場所で発生している。
   東京では、最近、大きな地震は発生していない。

5.「幸せって何だっけ」(フジテレビ系列06.2.3放送)「世界のニュース」のコーナーで、
  「頭はいいけど常識がないからこういうことになるとか、例えばホリエモン、私、
   『彼はスッテンテンになりますよ』とちゃんと言ってるじゃん。
   ちゃんと私は、『ホリエモンはスッテンテンになります』と、ホリエモン自体については、
   きちんと番組ではっきり言っている。」
  と細木氏は言いましたが、実際は、
  「女には気を付けなさいよ。スッテンテンになるから」という発言。
  「常識がないからスッテンテンになる」と「女でスッテンテンになる」とは大違い。

  「SMAP×SMAP」(フジテレビ系列07.4.2放送)
  「ビストロSMAP」というコーナーにゲスト出演し、レギュラー出演者の
  「今まで、失敗って言ったらおかしいですけど、ハズレちゃったことってございますか?」
   という質問に対し細木氏は「ない」と答え、さらに「一回くらいないですか?」と質問すると
  やはり細木氏は「ない」と答える。

 尚、勉強会、鑑定、鑑定料については、
 「細木数子六星占術スペシャル」(TBS系列05.10.13放送)にて、
 「鑑定するなら、勉強会に出て、それから、申し込んで、日にちをこちらから連絡して・・
  鑑定料は1件10万円です」ということでした。

他にも証拠となる番組の録画は多数あります。一部を抜粋しました。
以上により、素人の個人的見解ですが、細木氏は、自分に特殊な能力(霊能力、神の遣い)
はないと知りながら、視聴者に対し、自分に霊能力があるかのように思わせ、また、神の遣いで
あるかのように振る舞い、霊能鑑定等を行う鑑定会にテレビ番組内で勧誘し、高額な鑑定料を
要求していると考えます。
また、フジテレビはその霊能鑑定の「幇助」を行っていると考えられます。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。