So-net無料ブログ作成
検索選択

安岡正篤氏は細木数子の夫?

最近ですが、録画の整理をしていて、驚きました。
昨年末、フジテレビ系列で放送された「ニッポンの大みそか」の前編(予告編)にて
過去のシーンが放送されました。
05.4.8に細木邸(京都)に出演者一同が訪問した際、仏間が紹介されました。
「誰の仏間か?」と思ったら、あの安岡正篤氏の仏間でした。
そして、番組のナレーションは、
「細木数子の師匠でありご主人でもある安岡正篤先生をご安置したお仏壇
でした。
安岡氏は、細木にとって仮に「師匠」としても、「ご主人」と紹介しても良いのか?
細木と安岡氏は、結婚そのものが裁判(調停)となり、細木は籍を抜くことで和解したはずです。
番組では、少なくとも「ご主人」として紹介するのは、非常に問題があると思いました。
よく、視聴者相談コーナーにて、「籍を抜かれているから・・」とか言っているくせに、
自分のことになると、籍を抜かれていても、自宅に仏壇を設けるというのは理解できません。
そして、現実的には、細木と安岡氏は戸籍上無関係であるので、「ご主人」として
紹介したフジテレビには、大きな責任があると思います。

この頃、番組を見ていなかったので、抗議はしなかったのですが、
今後、このようなことがあれば、オンエア中に抗議電話を入れるつもりです。
やっぱり、フジテレビは異常です。


細木数子、「小沢さん一人で明治維新をやった」と・・

8/3の「幸せって何だっけ」の「話題のニュース」のコーナーで、最近投票が行われた参議院議員の
選挙について取り上げられました。
それについて、細木は、選挙報道のコメンテーターに対し、
「全く的はずれな、頓珍漢なコメントばっかり」と厳しく非難。
そして、細木は、この選挙結果について、
「小沢さん(民主党党首)が一人で明治維新をやった。そこを誰も気づいてない。」
と大胆なご指摘・・・

さすがの腰巾着の徳光氏もこれにはついていけない様子でした。
「頓珍漢なコメント」とは、まさに細木のコメントのことで、「明治維新」自体も知らずに、勢いでコメント
してしまいました。
今の小沢さんの立場と勝海舟・坂本龍馬を混同するようでは、ニュースのコメントをする資格
ありません。
小沢さんは、参議院議員選挙で民主党を大勝に導いたことは確かですが、政権を奪取したわけ
でもなく、現在のところ、政治的に何もしていません。
それに比べ、明治維新とは日本史上に残る「革命」で、当時としては外国勢力を排除して成功した
極めて異例な史実です。
この度の民主党の大勝と明治維新を比較すること自体、大きな誤りで、次元が全く異なることに
細木数子は気づいていません。
以前、細木は、勝海舟について間違って解説したことがありますが、歴史、政治を語るには
10年は早いです。

多くの人に笑われていることにまだ気づいてないのでしょう。
本当にお気の毒です。


BPOにおける細木数子に対する苦情

細木数子の反社会的・カルト的発言等は、テレビ局だけではなくBPOにも連絡している
のですが、BPOのサイトに掲示される「意見」は、掲示されるのが極めて遅く、6月分が
やっと8/1に掲載されました。
http://www.bpo.gr.jp/bpo/f-bpoiken.html

その中で、BPOの説明によると「番組全般にわたる意見」について
「“情報ワイド番組”批判や霊能・占いなどの非科学的番組と出演者の言動への批判は続いている。」
と書かれてありました。
そして、具体的な「苦情」に
「女性占い師が出演する番組の検証をお願いしたい。
 数年前より、彼女が出演する番組には彼女自身に対する苦情が毎月のようにあり、
 私も頻繁に電話やメールで連絡してきたが、発言は改善されるどころか最近では霊感商法と
 思われる言動が目立ってきた。
 また、テレビ局は、霊感商法の疑いがあると認識しながらこの霊感商法の幇助を行っていると
 考えられる。
 彼女の番組は、放送法及び民放連の放送基準に違反しており番組の打ち切りを強く要望する。」
とありました。
この苦情は、私のものであると思います。

しかし、このような意見は、「放送倫理検証委員会」で取り上げられない限り、各放送局に送信
されるだけで、具体的に改善されることはないでしょう。
それでも、BPOに対する苦情は止めるわけにはいきません。
「知らなかった」「そのような苦情があるとは思わなかった」とか言わさないためにも継続して
苦情を提供する必要があると思います。

今となっては、細木数子一人の問題ではなく、放送業界全体の問題として、国民・視聴者が
抗議しなければならないと思います。
目に見える巨悪を放置しないようにしたいものです。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。